【送料無料】東京マルイ G36K(A2) - 次世代電動ガン-エアガン





■型 名:G36K
■全 長:615/860mm
■重 量:2,900g
■銃身長:300mm■装弾数:82発 (※オプション470連射)
■弾 丸:6mm BB弾


3プロング・フラッシュハイダー
3プロング・フラッシュハイダーはアルミ削り出し加工!!
G36Cとのストック比較
3プロング・フラッシュハイダーはアルミ削り出し加工!!
サイドサポートレイルセット
オプションパーツとして別売サイドサポートレイルセットが装着できます。
東京マルイ 次世代電動ガン「G36K(A2)」

実銃を彷佛とさせるリコイルショックが体感できるとご好評を頂いている“次世代電動ガン”シリーズに3機種目の新型モデルが加わります。
1メートルに達するライフル型「G36」、極端に短縮化された「G36C」、両モデルの中間サイズでありカービンモデルである「G36K(A2)」は、米軍採用のM4A1カービンに相当するモデルで、最もバランスが取れたモデルと言っても過言ではないでしょう。実銃同様にプラスティックが多用されており、特徴的なフォルムも正確に再現されている事は言うまでもありません。
また、次世代と言えばリコイルショックはもちろんですが発射に合わせて可動するボルトも欠かせない魅力の一つ。次世代電動ガン「G36K(A2)」では、レシーバー上部・水平位置に設置されたコッキングレバーがボルトと共に激しく前後にストロークすると言う他機種には無い迫力の機能が付加されているのです。

実銃「G36」シリーズは、“ガス圧利用式”と言われるメカニズムで作動するため、ハンドガード内部にガスピストンを備えています。このピストンも発射の度にボルトを後退させるために可動するのですが、次世代電動ガン「G36K(A2)」でも何と、この機能を再現。発射に合わせてコッキングレバー、ボルト、ガスピストンの3ケ所が連動すると言う未体験の可動アクションを実現しています。
そして、次世代電動ガン「G36K(A2)」最大のポイントはキャリングハンドル後部に内蔵された「新開発G36専用・3倍スコープ」と言えるでしょう。専用ならではのクリアな視界、ゲームに適した良好なアイリリーフを完備し、フィールドやレンジに於いて、他機種には無いアドヴァンテージを発揮する事でしょう。

キャリングハンドル上部のマウントレイルにプロサイトを初め、任意にドットサイトを搭載する事で、遠近を問わないサイティング領域をカバーできる事も大きなメリットとなっています。
他にもストックは「G36C」とは異なるライフル/カービンサイズを新規金型で再現、特徴的な3プロング・フラッシュハイダーは、削り出し加工による鋭利な仕上がりを誇ります。
先進のフォルムに日本製ならではの高・信頼度“次世代エンジン”を搭載して「G36K(A2)」が、今、待望のデビューを果たします。

G36K(A2)とは

1990年、東西ドイツの統合による経済的打撃は、研究が続けられていた先進技術ライフル「G11」の開発中止を招きました。
ドイツ連邦軍では旧世代に属する「G3」ライフル(1959年採用・7.62mm口径)を止む無く継続使用していましたが、欧州共同軍構想の関係上、各国軍がすでに採用していた5.56mm口径弾が使用できる新型ライフルの開発が急務となったのです。
こうして採用された「G36」と、そのカービン型「G36K」は近年の技術の進歩を象徴する様にバレルとボルト等を除きプラスティック部品が多用され、最初から光学サイト(3倍スコープと等倍ドットサイト)が固定標準装備された仕様となっていました。

2001年以降、世界情勢の劇的な変化に伴いドイツも海外派兵する事となり、DSO(空挺部隊を中心とした特殊作戦師団)やKSK(陸軍特殊急襲コマンド)が編成され、投入される事となりました。 これに合わせて特殊部隊で主に使用されていた「G36K」に拡張性と汎用性を高めた小改良が施される事になりました。
「G36 KA1」は、金属製ハンドガードに4面ピカティニーレイルを配し、レイル装備のフルフラットキャリングハンドルを有したモデル、また「G36 KA2」は樹脂製ハンドガードに着脱式レイルが装備できるハードポイント3ケ所を新設、固定式のドットサイトを廃し任意のサイトを搭載できるマウントレイル付・3倍スコープ内蔵キャリングハンドルを有したモデルとして各々、新たに制式採用となりました。

2002年、KSKおよび諸部隊の兵士に携えられて「G36 KA1」並びに「G36 KA2」はアフガニスタンに展開、米軍共同での掃討作戦や治安維持任務に活躍しています。また、これらのモデルは高名なドイツ連邦警察局GSG-9を初め、英国各警察部隊、米国ロス市警SWATなどにも採用されている事から、その優秀さが伺い知れると言えるでしょう。
  • Antonio Tarontino 葉加瀬太郎シグネーチャーモデル
  • 音楽教室 入会金不要!冬の短期レッスン開催中!
  • ピアニスト応援宣言「I Love Piano」Vol.6 まらしぃ